読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わすれた.log

忘れては検索して、そしてまた忘れるその過ちを繰り返さない為に…

ローカル内でのgitを作成してコミット

1.ローカルのフォルダーをgitで管理するのをスタート

git init

読み:イニット
単語訳:初期設定
説明:gitで監視を開始する
カウントディレクトリーを管理したいフォルダに行って、「git init」と入力するだけ!
現時点ではフォルダの中のファイルは空です。

$ git init
Initialized empty Git repository in /Users/MACのユーザー名/Documents/20170305git_portforio/.git/

☆確認
「git status」と入力すれば、gitとかファイルの状態を確認できる。
nothing to commit...今はと表示されています。
ファイルないよ〜という意味のメッセージ

$ git status
On branch master

Initial commit


nothing to commit (create/copy files and use "git add" to track)

2.ステージングする

アドするだとか、ステージングとか、インデクスへ移動など色んな言い方するようだ。。。

まず、現時点ではフォルダ内が空なので、gitで管理するファイルがないので、適当になんか作ります。
とりあえず「index.html」というファイルを作りました。

git add -A

「git add -A」と入力
全ての変更ファイルをadd(ステーンジグ、インデックス)に持っていく、コミットに持っていくという意味らしい。
細かく分けると
git add(インデックスへ) -A(すべての)
まだ、コミットはしてないよ。
成功の場合は特にメッセージは出ないようだ。

$ gitt add -A

☆確認

$ git status
On branch master

Initial commit

Changes to be committed:
  (use "git rm --cached <file>..." to unstage)
#↑ステージングエリアから戻す場合はこっち入力してね

       	new file:   index.html

3.commitする

さっきほどステージングしたものをcommitする。
いろいろな書き方があるが、今回はこれでやる。
「commit -m “メッセージ”」

$ git commit -m "はじめてのこみっと"
[master (root-commit) b93dd08] はじめてのこみっと
 1 file changed, 10 insertions(+)
 create mode 100644 index.html

☆確認
無事に入っているようだ。

$ git log
commit b93dd08650bf0a306ad6ca94d5f8010827d15494
Author: MACユーザ名 <MACユーザ名@MACユーザ名-no-MacBook-Pro.local>
Date:   Sun Mar 5 21:37:43 2017 +0900

    はじめてのこみっと