読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わすれた.log

忘れては検索して、そしてまた忘れるその過ちを繰り返さない為に…

ざっくりとした コンポーネント思考の覚書

CSS 覚書

コンポーネント思考とはパーツのこと。

・ボタンなど小さいパーツを作っていく。
 パズルに似ているかも?
 それをひとつのCSS(SASS)セットでまとめる。

・小→大
 小さいパーツを組み合わせて、大きいものを作る。

・いいこと
 使い回しができる
 わかりやすい

・動き
 クラスを指定すると、スタイルが適用できる。
 Bootstrapとかみたいなもの

・だが
 デザインがそのように作られていないと意味がない。
 使い回しができることが強いのに、使い回しができないとなると、CSSが結局重たくる。

コンポーネントのまとめ方
 どれをパーツとして、どれをパーツとしないかは自由。
 パーツをもうすこしボタンからフォームとボタンなど大きくしていってもよい。
 最近は、ヘッダーを右と左でわけてコンポーネントだとか。

私はそもそも コ ン ポ ー ネ ン ト という単語が覚えられない。
身近な単語にひもずけることにした、梱包ネントと覚えることにした。


以下「続きを読む」は本気のうろおぼえ


ここからは正確性がないけどメモ。
モジュールはコンポーネントのかたまり?
モジュール>コンポーネント