わすれた.log

忘れては検索して、そしてまた忘れるその過ちを繰り返さない為に…

vimにインデント可視化プラグインvim-indent-guidesを入れた。

久しぶりにNeoBundleを使って、すごい忘れていた。

・NeoBundleの使い方
[Vim as IDE 第1回] NeoBundleを利用してvimプラグインを一元管理する - Qiita
http://qiita.com/kazu0620/items/819679ef006d973c6c22

vim-indent-guidesのカスタマイズ。
理想のエディタへの道!vundle、vim-indent-guidesの導入 - 汎用日記(仮)
http://chiiiiiiiii.hatenablog.com/entry/2012/12/02/102815

nkfコマンドで文字コードを変換するの入れた

macでファイルの文字コードを変換する『nkfコマンド』の使い方とオプション一覧 | かわたま.net
http://kawatama.net/others/mac/1754
ホームブリューで入れた。

Autmatorで右クリックでiTerm起動するサービスを作った

フォルダかファイルを右クリックでその場所のカレントでiTermが開いて欲しかったので
Autmatorで設定。

for f in "$@"
do
    #ファイル名の場合ディレクトリーのみ取得
    if [ -f $f ]; then
      #ディレクトリーだけにする
      f="${f%/*}"
    fi
    #iTerm起動
    open -a "/Applications/iTerm.app" $f
    done

フォルダー右クリックならカレントディレクトリーにフォルダが来るが、ファイルからの起動の場合はファイルがカレントディレクトリー(?)になってしまうので条件分岐した

サービスの保存場所は忘れる思うのでメモ
/Users/moriyachiharu/Library/Services/

参考サイト
Macでフォルダの中身を全部取り出すサービスをAutomator作る
https://rcmdnk.com/blog/2015/08/24/computer-mac-bash/

パス文字列からファイル名などを抜き出す - Qiita
http://qiita.com/ktr_type23/items/94747a4b27e8a630ce48

nodebrewの使い方

nodebrewを久しぶりに使う
なぜか自分は、homebrewから入れてないようだ
めんどくさいから、あとで困ったらなおそ

入っているバージョン確認

何が入っているのだっけ?と
インストール済みのバージョンを確認します。

$ nodebrew list

インストールできるバージョンを探す

なんか違うバージョンを入れたいなと思った時、インストールできるバージョンの一覧を出してくれます。

$ nodebrew ls-remote

指定したバージョンを入れる

このバージョン入れたいと思ったら、指定して入れます。
「-binary」というの付いてないと、インストールが遅いらしいです。
つけなかったら30分以上かかりました;;

$ nodebrew install-binary バージョン

このバージョンで使う

このバージョン使うよ〜って設定する。

$ nodebrew use バージョン

参考サイト様
【Mac】nodebrewのインストールとコマンドなど使い方まとめ - TASK NOTES

あれこれのパッケージマネージャーからインストールしている物を確認する

何かインストールしようとする時に

(以前に入れたかも?二回入れるのはやだな)

とか思い何度も何が入っているのか確認するためにググるのでいい加減メモる

・HomeBrew

brew list

・gem(ruby)

gem list

・npm(node)
グローバル

npm ls  --depth=0 -g

使える!だが、よく忘れるlinuxコマンド「ファイル検索編」

findは下層ディレクトリーまで検索して、ファイルまたはフォルダーをさがしてきてくれます。

サンプル

ファイルを検索

現在のカレントディレクトリー(.)以下のディレクトリーから
ファイル名(-name)が「 *.html」(*.html)を、ファイルを対象に検索(-type f)

$find . -name *.html -type f

フォルダーを検索

ホームディレクトリー(~/)以下のディレクトリーから
フォルダ名(-name)を folder( folder)フォルダ名を対象に検索(-type f)

$find ~/ -name folder -type d

find

find [対象ディレクトリ] -name [検索対象文字列] -type [検索対象ファイルまたはフォルダ]

検索対象ディレクト

・カウントディレクトリー
find .

・HOMEディレクトリー
find ~/

ディレクトリー指定
find ~/Documents/FOLDER/

検索対象ファイルまたはフォルダ

省略可能
・ファイル
-type f
・フォルダ
-type d
・両方
なし(多分)

検索対象文字列

-name 検索対象文字列
・拡張子を検索
-name *.txt
ワイルドカードなどが使える

☆参考サイト様
Linuxコマンド集 - 【 find 】 ファイルやディレクトリを検索する:ITpro

使える!だが、よく忘れるlinuxコマンド「コピー編」

クリップボード→ファイルに保存

クリップボードの中をファイルに保存。

pbpaste > ファイル名

ファイル→クリップボード

ファイルの内容をコピー。

pbcopy < ファイル名

windowsのコマンドプロントでもできる、忘れたが

背景がTransitionで変わるボタン

読み:トランジション
翻訳:移り変り, 推移, 変遷

トランジションで背景が変わるボタンを作った。
よく見るやつだ。
ものすごく読み方を忘れるので、ここではあえてカタカナでしか書かない。
トランジションはまだ少し使いなれてない。

allについて

  transition: all .3s ease-out;

allというのは「その要素のすべての変化に対して」というような意味らしい。

変化させる対象の物が特定している場合は、background(背景を変化させる)とかcolor(文字色を変化させる)とか入れる。
ちなみになんにも入れなかった場合はallになるらしい、つまり書かなくてもよいということかな。

transitionって…?

transitionは「その要素の変化」を対象としている。
classを別名の追加しても、それも監視対象に入る。
CSSの上書きに対して動きをつけるという感じかなぁ
以前のこの記事jQueryとか使ってるんだけどなんだか意味わかんねぇぞとか書いたがなんとなくわかった。

See the Pen 背景がtrandisionで変わるボタン by yachiru (@yachiru) on CodePen.

☆参考サイト
すごく使くいい感じにまとめてあるサイトがあったのでブクマ。
CSS3 アニメーション(Transitions)の使用方法 | CSS Lecture